道路業務の代理、代行のご案内

 このページでは、さくら行政書士事務所が受任している、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などの代理、代行についてご案内しています。

 道路使用許可申請、道路占用許可申請をはじめとする行政機関への申請は、行政書士法の規定により、行政書士の国家資格者でなければ代理、代行はできません。

 道路交通法規を専門とする国家資格者である行政書士が、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などを代理、代行いたします。

道路に関する申請の代理、代行について

道路交通法規を専門とする国家資格者である行政書士が代理、代行します

 さくら行政書士事務所は、2006年8月の開業以来、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などの「道路交通法規」を専門とする国家資格者、行政書士事務所です。

 通算3,000件以上、毎年250件以上の申請の代理、代行を受任しています。

 正確なデータはありませんが、これだけ多数の道路業務の申請を、14年(この記事の執筆当時)という長期間に渡って、専門で受任している行政書士事務所は、日本全国でもさくら行政書士事務所以外には恐らくほとんどないと思います。

 大学および大学院で法学を専攻した、専門の国家資格者である行政書士が申請を代理、代行いたします。

 また、さくら行政書士事務所の事務所案内のページもあわせてご参照ください

道路に関する申請の受任地域、受任エリアについて

 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県などの申請の代理、代行を主に受任していますが、長野県、静岡県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県、福島県、新潟県などの地域も受任いたします。

 また、ご依頼があれば、全ての都道府県の道路に関する申請の代理、代行を受任いたします。

 現在までに、北海道、愛知県、和歌山県、福岡県、愛媛県の申請についてご相談を含めて受任した実績がございます。

 行政書士の先生は全国にいらっしゃいますが、「道路交通法規が専門の行政書士事務所」は日本全国でも多くありませんので、遠方からのお問い合わせも多く承っております。

代理、代行を受任する業務一覧

道路使用許可申請

 所轄警察署に行う道路使用許可申請です。

 道路使用許可申請の代理、代行を受任します。

道路占用許可申請

 道路管理者に行う道路占用許可申請です。

 道路占用許可申請の代理、代行を受任します。

足場設置許可申請

 足場や朝顔(危険防止施設)、仮囲いなどを設置するための申請です。

 道路使用許可申請だけで完了する場合と、道路使用許可申請と道路占用許可申請の両方が必要になる場合とがあります。

 どのような申請が必要になるかは事案ごとに異なりますので、必要な申請についてもご案内いたします。

 足場設置許可申請の代理、代行を受任します。

路上作業届、道路通行願など

 所轄警察署以外に、道路管理者に対して、「路上作業届」「道路通行願」などの届出を求められる場合があります。

 例えば、国道で作業をする場合には、国道事務所に「路上作業届」の提出を求められることが一般的です。

 なお、届出の具体的な名称は自治体ごとに異なります。

 これらの届出について受任します。

通行禁止道路通行許可申請

 車両が通行できる時間帯の規制や、通行できる車両の大きさなどを規制してある道路について、規制を解除して、通行できる許可を得る申請です。

 通行禁止道路通行許可申請の代理、代行を受任します。

パーキング・メーター休止許可申請

 道路使用許可申請をして工事関係車両を設置する場合に、作業帯がパーキング・メーターにかかってしまう場合があります。

 このような場合に、一時的にパーキング・メーターを休止する許可を得る申請です。

 パーキング・メーター休止許可申請の代理、代行を受任します。

自費工事承認手続き

 例えば建物の増改築を行う際に、ガードレールやガードパイプの撤去や、道路にある樹木を伐採、撤去する場合などには、道路管理者の承認を得る必要があります。

 また、建物の増改築などの際に駐車場の位置が変わった場合などに、道路の縁石を交換して車両が乗り入れする場所を設ける「歩道切り下げ」が必要になる場合があります。

 これらの工事、作業は道路管理者の承認を得て、建物の増改築を行う方が自費で行うことになるので「自費工事」と呼ぶこともあります。

 この自費工事の承認手続きの代理、代行を受任します。

制限外積載許可申請

 道路交通法の制限以上の荷物を積載して車両を走行させる場合に許可を得る申請です。

 制限外積載許可申請の代理、代行を受任します。

設備外積載許可申請

 車検証の記載以外のスピーカーなどを車両に乗せて走行させる場合に許可を得る申請です。

 設備外積載許可申請の代理、代行を受任します。

荷台乗車許可申請

 荷台に人が乗って車両を走行させる場合に許可を得る申請です。

 荷台乗車許可申請の代理、代行を受任します。

屋外広告物許可申請

 道路交通法規とは少し離れますが、ほとんど全ての自治体が屋外広告物許可申請についても、道路占用許可申請を担当する部署が行っています。

 このため、屋外広告物許可申請の代理、代行も受任します。

特殊車両通行許可申請

 例えば重量が20トンを超える車両を走行させる場合に必要となる申請です。

 特殊車両通行許可申請について、さくら行政書士事務所で代理、代行を受任することもできますが、電子申請に対応している専門の行政書士事務所をご紹介いたします。

労働基準監督署に提出する足場設置届は受任できません

 恐れ入りますが、労働基準監督署に提出する足場設置届の代理、代行は受任することができません。

 法律の規定により、労働基準監督署に提出する足場設置届の代理、代行ができるのは社会保険労務士の先生に限られています。

 労働基準監督署に提出する足場設置届については、社会保険労務士の先生に代理、代行をご依頼ください。

代理、代行の費用について

代理、代行の委任契約報酬・費用について

 代理、代行の委任契約報酬、代理、代行の委任契約の費用については事前に見積もりを作成いたします。

 見積もりは無料で作成いたしますので、費用のご負担はございません。

 また、それぞれの申請費用の概略については個別のページもあわせてご参照ください。

代理、代行の委任契約報酬・費用をお支払いいただくタイミング

 民法(1896年(明治29年)法律第89号)第648条第2項本文の規定に基づき、受任業務完了後に代理、代行の委任契約報酬・費用のお支払いをお願いいたします。

民法(1896年(明治29年)法律第89号)第648条第2項本文

 受任者は、報酬を受けるべき場合には、委任事務を履行した後でなければ、これを請求することができない。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089

 代理、代行が完了いたしましたら、郵便あるいはメールで請求書をお送りいたしますので、委任契約報酬・費用をご送金ください。

お電話によるお問い合わせ、緊急でのご依頼をご希望の方は電話でも承ります

 お電話によるお問い合わせや、緊急で申請の代理、代行のご依頼をご希望の方は電話でも承ります。

電話によるお問い合わせ

行政書士以外の一般の会社などが申請の代理、代行をすることは違法行為となります

各種申請の代理、代行は、行政書士の国家資格がないとできません。

 道路使用許可申請、道路占用許可申請をはじめとして、行政機関へ申請の代理、代行をするには、行政書士法の規定により、行政書士の国家資格が必要となります。

 行政書士ではない、一般の会社などがこれらの申請の代理、代行をすることは行政書士法違反となり、懲役刑を含む刑罰の対象となります。

 ごくごく一部の悪質な会社は、行政書士の資格が無いにも関わらず代理、代行を行っているところもあるようです。

 行政書士の国家資格をもたない一般の会社などに道路使用許可申請の代理、代行を依頼した場合は、代理、代行をした者だけではなく、依頼した方ご自身も、行政書士法違反の共同正犯として処罰の対象となりかねません。

 行政機関への申請の代理、代行は、行政書士の国家資格が必要ですので、行政書士にご依頼ください。

さくら行政書士事務所の代理、代行について

代理、代行の受任実績など

 さくら行政書士事務所は、2006年8月の開業以来、道路使用許可申請や道路占用許可申請、足場設置許可申請などの「道路交通法規」を専門にしております。

 正直に申し上げて、「色々な業務ができる事務所」「様々な申請ができる事務所」ではありません。

 代わりに、専門である道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などの「道路交通法規」については専門知識、ノウハウ、経験などに自信があります。

 先ほども述べましたが、通算3,000件以上、毎年250件以上の申請の代理、代行を受任しています。

 正確なデータはありませんが、これだけ多数の道路業務の申請を、14年(この記事の執筆当時)という長期間に渡って、専門で受任しているのは、おそらく、日本で一番受任実績のある行政書士事務所ではないかと思います。

大学、大学院で法学を専攻した行政書士が受任します

 さくら行政書士事務所の代表行政書士は、大学、および、大学院で法学を専攻しました。

 申請に必要となる法律知識は大学院レベルです。

 道路交通法、道路法などの専門書や、各都道府県警の通達や、国土交通省の通達についても、もちろん多数読み込んで研究しております。

 大学院レベルの法学知識と研究活動、そして、年間250件程度の申請実務を行う、「学問としての法律研究と、実務としての申請業務」のどちらにも精通した、日本全国でも極めて少ない専門事務所です。

学術活動も行っています

 さくら行政書士事務所の代表行政書士は以上のように、「道路交通業務」を専門としておりますので、道路交通法、道路法、及び、地方自治体の道路交通関連条例や規則などの道路交通行政法規についての研究、提言といった学術活動もあわせて行っております。

 多くの自治体で、道路法規のアドバイザーの実績のある専門行政書士です。

 自治体の道路法規についてアドバイザー実績のある行政書士はほとんどいないと思います。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行

 国家資格者である行政書士が、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行を受任します。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請が専門の行政書士事務所です

 さくら行政書士事務所は、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請が専門の行政書士事務所です。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行の受任地域

 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県などを主に取り扱っていますが、長野県、静岡県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県、福島県、新潟県などの地域も受任いたします。

行政書士以外が、道路使用許可申請、道路占用許可申請などの代理、代行をすることはできません

 行政書士ではない一般の会社などが、道路使用許可申請書や道路占用許可申請書の作成を代行することは、行政書士法などの法律で禁止されている違法行為であり、懲役刑や罰金刑を含む刑罰の対象となります。詳細はこちらのページをご参照ください

 ご依頼者さまにもご迷惑がかかる恐れがございますので、代理、代行をご依頼の際は行政書士をご利用ください。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行の受任費用

 道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行の委任契約費用につきましては、無料で見積もりをお作りいたします。

 道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行の委任契約費用の見積もりは、お気軽に下記のページよりご請求ください。

 見積もりは無料で作成いたしますので、費用のご負担はございません。

 どうぞお気軽にお声かけください。

 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。