練馬区区有通路の道路占用許可申請

 このページでは、東京都練馬区の区有通路の占用について、専門の国家資格者である行政書士が解説します。

 東京都練馬区の区有通路の占用は、一般の練馬区道の道路占用許可申請とどのような違いがあるのでしょうか。

代理、代行のご案内

 道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請が専門の国家資格者である行政書士が、代理、代行を受任いたします。

 お気軽にお問い合わせください。

練馬区区有通路条例

 東京都練馬区の区有通路については、練馬区区有通路条例(2003年(平成15年)10月20日条例第40号)が詳細を定めています。

練馬区区有通路とは

 この条例で、まずは東京都練馬区の「区有通路」の定義がされています。

 練馬区の条例を確認してみましょう。

練馬区区有通路条例(2003年(平成15年)10月20日条例第40号)

第2条
 この条例において、「区有通路」とは、一般の通行の用に供されている道(道路法(昭和27年法律第180号)の適用を受ける道路を除く。)または供しようとする土地で、区長が路線を指定したものをいい、通路と一体となってその機能を有する施設または工作物および通路の付属物(同法第2条第2項に規定する道路の付属物に相当するものをいう。)で当該通路に付属して設けられているものを含むものとする。

https://www1.g-reiki.net/nerima/reiki_honbun/a100RG00000789.html#e000000018

 法律が専門でない方には少しわかりにくい条文になっています。

 条例を検討してみましょう。

 この条文により、練馬区区有通路とは、一般の通行の用に供されている道、いわゆる「道路」、または、この「道路」になることが予定されている土地ではあるものの「道路法の適用を受ける道路を除く」ものであることがわかります。

 イメージとしては、道路に見えるものの、練馬区が所有権を持っている土地、という方がわかりやすいかもしれません。

 歴史的には、以前は田んぼの水路であったり、細い川であったりしたような細い道であることが多いです。

 特に、現在も都市農業が盛んな東京都練馬区ですから、かつては田んぼの水路であったり、畑のあぜ道であったりした細い道が、現在は「練馬区区有通路」とされている場合も多いです。

練馬区区有通路を占用するときも、道路占用許可が必要となる

 このような練馬区区有通路は道路法の適用が無い以上、道路法によって定められた道路占用許可申請の対象にはならないようにも思えます。

 ここで、練馬区区有通路条例(2003年(平成15年)10月20日条例第40号)が、練馬区区有通路についても道路占用許可申請が必要となる旨を定めています。

練馬区区有通路条例(2003年(平成15年)10月20日条例第40号)

第12条第1項
 区有通路を占用しようとする者は、区長の許可を受けなければならない。

https://www1.g-reiki.net/nerima/reiki_honbun/a100RG00000789.html#e000000143

 この練馬区区有通路条例の規定により、練馬区区有通路を占用する場合であっても、練馬区長の許可を受けなければならないことがわかります。

 そして、この「許可」の内容についても練馬区区有通路条例(2003年(平成15年)10月20日条例第40号)が規定しています。

練馬区区有通路条例(2003年(平成15年)10月20日条例第40号)

第12条第4項
 前項の規定による占用料の額、徴収方法その他必要な事項は、練馬区「特別区道」道路占用料等徴収条例(昭和28年7月練馬区条例第8号)の例による。

https://www1.g-reiki.net/nerima/reiki_honbun/a100RG00000789.html#e000000143

 この練馬区区有通路条例の規定により、練馬区区有通路を占用する場合、一般の練馬区道と同じように、道路占用許可を受けなければならないことがわかります。

 そして、道路占用料、東京都練馬区役所に納付する費用については練馬区「特別区道」道路占用料等徴収条例(1953年(昭和28年)練馬区条例第8号)を準用していることがわかります。

 練馬区区有通路についても、一般の練馬区道と同様に、道路占用許可申請を受けることが必要となります。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行

 国家資格者である行政書士が、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行を受任します。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請が専門の行政書士事務所です

 さくら行政書士事務所は、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請が専門の行政書士事務所です。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行の受任地域

 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県などを主に取り扱っていますが、長野県、静岡県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県、福島県、新潟県などの地域も受任いたします。

行政書士以外が、道路使用許可申請、道路占用許可申請などの代理、代行をすることはできません

 行政書士ではない一般の会社などが、道路使用許可申請書や道路占用許可申請書の作成を代行することは、行政書士法などの法律で禁止されている違法行為であり、懲役刑や罰金刑を含む刑罰の対象となります。詳細はこちらのページをご参照ください

 ご依頼者さまにもご迷惑がかかる恐れがございますので、代理、代行をご依頼の際は行政書士をご利用ください。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行の受任費用

 道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行の委任契約費用につきましては、無料で見積もりをお作りいたします。

 道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行の委任契約費用の見積もりは、お気軽に下記のページよりご請求ください。

 見積もりは無料で作成いたしますので、費用のご負担はございません。

 どうぞお気軽にお声かけください。

 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。