東京都新宿区の道路占用許可


 東京都新宿区役所の道路占用許可については、かなり特異な計算方法で道路占用料を算出しています。

 このページでは、東京都新宿区役所の道路占用許可の道路占用料の妥当性について検討します。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などが専門の行政書士による代理、代行などの業務のご案内

 道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などが専門の行政書士による代理、代行などの業務のご案内はこちらのページをご参照ください。

 道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などの代理、代行の費用の見積もり依頼、お問い合わせ、ご依頼はこちらのページをご参照ください。

東京都新宿区の道路占用許可に伴う道路占用料の計算方法

 東京都新宿区の道路占用許可に伴う道路占用料の計算方法は特異です。

 例えば、「2020年9月21日から2020年11月20日まで」を例に取ると、通常の自治体は、占用期間で計算し、「2ヶ月間」で道路占用料を徴収します。

 ところが、東京都新宿区役所ではこの場合、「9月分、10月分、11月分」の三ヶ月分の道路占用料を徴収します。

 このように東京都新宿区役所では道路占用許可に伴う道路占用料について特異な計算方法をとります。

 これは、通常の自治体、道路管理者が「道路占用の期間」で道路占用料を決めているのに対して、東京都新宿区役所では「道路占用の期間」に関わらずに道路占用料を決めていることを意味します。

「期間」の決め方

 民法は期間の計算に関する一般的な場合を定めています。

 そして、この民法の規定は公法、つまり道路法による道路占用許可にもあてはまるものとされています。

 民法(1954年(昭和29年)法律第89号)第138条の規定を確認してみましょう。

民法(1954年(昭和29年)法律第89号)

(期間の計算の通則)
第138条
 期間の計算方法は、法令若しくは裁判上の命令に特別の定めがある場合又は法律行為に別段の定めがある場合を除き、この章の規定に従う。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089#491

 民法(1954年(昭和29年)法律第89号)第138条により、明確に期間の計算方法の優劣が規定されています。

 つまり、優先されるのが、「法令もしくは裁判上の命令に特別の定めがある場合」または「法律行為に別段の定めがある場合」であり、これらに規定が無かった場合に民法が適用されることになります。

 では次に、「法令もしくは裁判上の命令に特別の定めがある場合」または「法律行為に別段の定めがある場合」を検討することにします。

法令もしくは裁判上の命令に特別の定めがある場合

法令に特別の定めがある場合

 民法の特別な例外を定めた規定としては、戸籍法第43条、年齢計算ニ関スル法律第1項、刑法第23条第1項などが挙げられます。

裁判上の命令に特別の定めがある場合

 裁判所の判決や命令などに、期間についての定めがされる場合があります。

 このように、裁判所の命令に特別の定めがある場合には、これは民法の規定に優先します。

民法の期間の規定は、行政法などの公法関係の期間の計算にも適用される

 民法上の期間の計算方法に関する法律の規定は、民法のような私法的な関係だけではなく、特別の規定が無い限りは行政法などの公法関係の期間の計算にも適用されます。

 例えば裁判所の判例は、衆議院解散後の総選挙期日の起算日について、「初日不算入の原則」(民法第140条)を認めています(大審院判例・1930年(昭和5年)5月24日・民集9巻468号)。

 その意味では、民法という私法上の規定を理解していなければ、行政法という公法も理解できない、という典型例の一つです。

期間の計算方法

「日、週、月、年」をもって期間を定めた場合

 期間の「末日の終了」をもって満了となります(民法141条)。

「週、月、年」をもって期間を定めた場合

 原則として、暦に従って計算します(民法143条1項)。

民法(1954年(昭和29年)法律第89号)第143条1項
 週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089#504

「週、月、年」の始めから期間を計算するとき

 その末日が満了日となります(民法141条)。

「週、月、年」の始め以外から期間を計算するとき

 最後の「週、月、年」において、その起算日に応答する日の前日に満了することになります(民法(1954年(昭和29年)法律第89号)第143条2項本文)。

 例えば、「2020年6月11日から二ヶ月間」、というときは、2020年8月10日までが期間になります。

民法(1954年(昭和29年)法律第89号)第143条2項
 週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、その月の末日に満了する。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089#504

 東京都新宿区役所の道路占用許可に伴う道路占用料の決め方は明らかに民法(1954年(昭和29年)法律第89号)第143条2項に反しています。

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などの代理、代行

 大学および大学院で法律学を専攻した行政書士が、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などを代理、代行します。

「道路行政法規」が専門の行政書士事務所

 さくら行政書士事務所は、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請など「道路交通法規」(道路交通法、道路法などの法律)が専門の行政書士事務所です。

 2006年8月の開業以来、通算4,000件以上、毎年300件以上の申請の代理、代行を受任してきました。

代理、代行の受任地域

 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県などを主に取り扱っていますが、長野県、静岡県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県、福島県、新潟県などの地域も受任します。

 ご依頼があれば日本全国全ての都道府県で受任します。

行政書士以外が代理、代行をすることはできません

 行政書士ではない一般の会社が、道路使用許可申請書や道路占用許可申請書の作成を代行することは、行政書士法などの法律で禁止されている違法行為であり、懲役刑や罰金刑を含む刑罰の対象となります。詳細はこちらのページをご参照ください。

道路使用許可申請、道路占用許可申請の代理、代行の資格

 例えば、高所作業車などの車両のレンタル会社や警備員、誘導員の派遣会社などが、道路使用許可申請の代理、代行をすることは行政書士法違反という犯罪になり、懲役刑を含む刑罰の対象となります。

 ご依頼者さまにもご迷惑がかかる恐れがございますので、代理、代行は行政書士をご利用ください。

代理、代行の受任費用

 道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請の代理、代行の委任契約費用は、無料で見積もりをお作りします。

 無料でお作りしますので、費用のご負担はございません。

 代理、代行の委任契約費用の見積もりは、お気軽に下記のページよりご請求ください。

 また、道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請などについてご不明な点も、下記のページよりお問い合わせください。

 見積もりは無料で作成いたしますので、費用のご負担はございません。

 どうぞお気軽にお声かけください。

 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。